絶縁抵抗測定は万能ではありません★

電気主任技術者になる覚悟ありますか?⇒私の日常業務紹介⇒電験三種B問題解説
⇒電気主任技術者になるとは ⇒電気主任技術者の仕事⇒電気主任技術者 Q and A
⇒冷房運転⇒暖房運転⇒今年度停電作業⇒これが私のビル管理⇒換気扇漏電
⇒モーター温度管理等⇒対地電圧⇒発電機点検⇒区分停電操作⇒絶縁抵抗値見方
変圧器操作・⇒受電設備勉強会_マグネット取替10年1回 ⇒絶縁抵抗測定は万能じゃない★
★全部で300記事程度ありますが一部をTOPに抜粋しました。
⇒特高VCB更新工事⇒不平衡三相交流検証⇒変圧器突入電流 ⇒高圧停電手順
⇒シーケンス制御⇒トップランナーモーター⇒三相単相運転⇒地絡継電器⇒給水制御
⇒デジタル式保護継電器⇒保護継電器基礎⇒絶縁抵抗測定/I0r管理 ⇒電力量計etc
⇒ファンコイル故障⇒冷温水発生機故障⇒マグネットスイッチ取替⇒冷却塔制御
⇒ELBと接地の有効性⇒電気設備保安規定⇒基盤制御検証⇒受電VCB実務レク
⇒漏電対応1⇒漏電対応2⇒漏電対応3⇒漏電対応4⇒漏電対応5⇒コードリール出火
⇒絶縁基礎1⇒絶縁基礎2⇒月漏電点検⇒ビル漏電監視⇒絶縁抵抗計の使い方
⇒人体実験⇒絶縁抵抗計の使い方2⇒キュービクル取扱(1~3)⇒給排水制御説明
⇒変圧器地絡調査⇒電気が切れなくても作業⇒赤外線温度計ES2000⇒共立接地抵抗計
⇒サーモグラフィーFLIR⇒共立クランプ付テスター⇒電力KW測定用クランプメーター
⇒自作スターデルタ始動器⇒スターデルタ始動モーター基礎⇒ポンプ空転防止改造
⇒照明省エネ改造⇒停電時_空調自動再起動改造⇒水漏れで店舗全停電
⇒絶縁抵抗計DG35a⇒水害電気事故⇒変電室月例点検 ⇒配電盤月例点検
⇒丸山式コンセント点検方法⇒モーター特性実験⇒変圧器特性実験
※BLOGは現在更新停止していますが職場で仲間に説明する時に
利用中、何か特別NEWな事があれば追記はするつもりではいます。

最近の猛暑の影響で飲食関係が多数あるビルで10年以上経過す
る物件では機器漏電が多発
してると思います。過去にも載せました
が再度参考までに!500KVA一般電灯2変圧器で地絡警報が発生
しました。今日は絶縁抵抗測定しても不良個所を特定できない事例
を紹介します。時々こういうケースもあるのです。たぶん温度より湿度に
比例して機器漏電が増加する
、夏場は特にそれに該当します。
変圧器の地絡警報調査は電気主任技術者がすべき業務の一つです。

テナント盤内ELBが動作したら変圧器で地絡警報が出る様な漏電は
発生しません、地絡で反応する前に現場で漏電をブロックするから
です。こういう場合は主幹がMCB、子もMCB回路で漏電が発生してい
ます。すべてELB化しMAXな安全を実現するとノイズ誤動作、主幹
ELB動作によるテナント全停電となるのも困るのです。漏電に対し
敏感な状態はリスクと表裏一体、とにかくI0が224mAと変圧器B種
接地管理基準50mAを大きくOVER。
確実にこの変圧器の二次側の
どこかで漏電が発生中。漏電調査は得意なので任せてください。
後、大雑把に言えば地絡と漏電は同じ意味に扱ってもいいです。

変圧器後の絶縁バリアーを撤去してD1~D8回路のI0を測定し
たらD5回路にて335mAを確認、I0は200~350mAで変動して
いました。漏電がない時のI0はほぼ一定値ですが漏電が発生
すると値が変動します。
通常変圧器のB種接地電流は5~30mA
程度で測定時間程度においては一定です。漏電があるとこの値
まで60mA⇒150mA⇒300mA⇒220mAとか変動するケースが
私の経験では多いですね。(ただ正常であっても真夜中と昼間で
は真夜中の方がB種接地電流は少ないです)

変圧器で地絡警報が発生するとどこかの回路が3桁のI0mAに
なるのがほとんどです。最初は間欠的に発生、しだいにその値
が大きくなり放置すれば500~1000mAもなり火災の危険性
あるため放置はできません。工場と違いビル設備では対地間
静電容量の影響でI0が漏電でもないのに目立つほど増加す
る事はそうないと思います。仮にそれで変圧器B種接地電流が
50mAを超えるならI0rで測定して50mA未満なら問題なしです。
これは保安協会の方に確認しました。50mAを超えたら即異状
というわけではなくI0cや接続回路が多い関係なのかを調べ
なさい
という意味ですがI0が335mAなんて調べるまでもなく漏電!
自社ビルや工場とか相手(客)がいない現場なら可能かもしれ
ませんがテナントビルは停電できないのでメガでは漏電調査は
できません。今の時代電気を止めるというのは相手に損害補償
も考慮しないといけない
点はこれから電気主任を希望される方
は知っておいてくださいね。(相手が了承した計画停電は除く)
特に金融関係を人の操作でいきなり停電させたら電気主任を
解任させられるでしょう!

ここで図面を見てD5回路の行き先とD5回路に接続されてるエリア
を確認
します。4階にあるこのMCBである事が判明したので今度
は現地のこのMCBでI0測定を実施。手前の22sqはI0が1mAで
問題なし、奥の60sqは358mAもI0が流れていました。この回路
には3店舗お店が絡んでいます。普段から建物の電気系統図面
を見ておく事が大切です。イザとなってどこに図面があるのか図
面のどこを見たらいいのかでは電気主任としてお粗末です。

漏電調査で何の配線かわからないが一番のタイムロスです。
できればノートに勉強のため書き出して一目でわかる自分だけ
の資料を作成しておけば迅速な対応ができます。本来漏電調査
を迅速にできるのは業者ではなくそこの現場の人なのです。私
は手帳にすべての電気系統を書いていつも所持してるのでイザ
では測定器類さえ準備すれば即行動できる様にしています。

各店の分電盤主幹にてI0を測定して漏電テナントの確定をしない
といけません。営業中ですから停電させてメガはできません。
漏電の可能性があるだけで停電させてくれるテナントはまずない
です。逆にその間の売上保障をしてほしいと言われかねないし
私もそれは最初から期待はしていません。I0測定は充電状態
ですから感電、短絡事故、トリップボタンに触れ停電には十分
注意します。
行う事は簡単な事なのですが事故も同じく簡単に
発生してしまう事を意識しましょう。盤が狭く主幹3本で挟めない時
はMCBのここで測定しますが挿入する時にクランプ先端の奥の金
属部が充電部に当たり短絡とならない様に慎重に行います。

正常ならばテナント分電盤主幹ではI0は一桁、各子回路では1回路
1mA未満がI0での判定基準です。(小型の狭い盤主幹では逆に口
径が大きいリーククランプメーターが挟めません)もしI0が10~20
mAとなった場合は電圧もクリップしてI0rで判定
を行います。I0rで
問題がなければ絶縁は大丈夫です。下の場合主幹I0で0.8mAです
から問題はありません。これなら100Vメガで主幹20MΩ以上あります。
対地電圧100Vの単相三線式回路ですから100Vメガで測定、対地
電圧が200Vの三相200V回路ならば250Vメガです。(三相変圧器
二次側は通常デルタ結線のはず)

絶縁判定に必要なのはI0rなのですがI0>I0rですからI0が低い
場合はI0rも低いと判断して特に行いません。乾燥してる事務所関
係テナントでは主幹I0r測定値はたいてい1mA未満です。対地間静
電容量等の影響で主幹I0が数mAになる事もある!着任されたら自
分でメガ値とI0/I0rの程度の関係を確認されてみてください。三相
のI0r測定時、電圧クリップは接地相以外の2相からですが三相は
必ず接地が真中のS相とは限らないので接地相を確認の事。

本題に戻りますが2店舗目で主幹で200mAを検出、3店舗目は主幹ELB
ですから全停電してないという事はそこには漏電はない。100%漏電はこ
こで発生してるので店長に事情を説明するとお店をCLOSEするので調べ
てほしいと協力してくださりました。これは稀な出来事と言えます。盤が
狭いので1回路ずつ通電状態でI0測定はキツイと思っていたので助か
りました。ただ主幹を切り一括メガをしたらなぜか20MΩあるのです。
ですが主幹で200mAのI0がある以上、絶縁測定で問題なくても必ず
ここに絶縁抵抗不良があります。
こういう場合コンセント回路に接続され
る機器の内部漏電です。業務用機器はマグネットがある物が多いので
停電して測定する絶縁測定では絶縁不良がわからない事が多い、又
電子SWタイプでも停電させると回路が切れるため内部の絶縁状態は
わからない。もちろん電源コード不良でこういう感じで≒0MΩとメガで
判明する場合もあります。

再度主幹を入れて営業状態にしてもらい主幹にリーククランプ
を挟み1回路づつ切ると白テープのMCBを切ると主幹I0が3mA
に激減しました。
(30mAのELBは15mA以上で動作するのです
から故障原因のあるのはMCB回路です)この時点で停止した
機器を調べ再度不良回路を生かして今度は機器を1個づつ
停止させて故障機器を発見しました。後はメーカーに連絡し
修理手配を店長にお願いしました。絶縁抵抗測定では正常
なのに使用中に漏電する不思議な現象の意味
はご理解頂
けたと思います。


何かの機器を運転状態でI0rを測定する時はこのコンセントに
接続して測定しています。これでメガではわからない内部漏電
を判定できます。この場合ではI0rは1mA未満でないといけま
せん。もちろんI0で1mA未満ならばI0rでも同じとなります。
絶縁不良により流れる電流(I0r)は電源と同じ周波数ですが
リーククランプメーターでは60HZ成分のみの漏れ電流を測定
できないので完全にI0rを測定するならI0rクランプメーター
でないと測定できません。正常時はリーククランプメーターで
I0が1mA未満という点検の仕方でほとんど問題ないです。

周辺状況が正常になった事を確認します。数字は正直で嘘は
つきませんね。
変圧器B種接地電流もわずか4mAとなりました。

絶縁抵抗測定は機器をONの状態で接続して測定しなさい。昔の
家電なら理解できますが最近の家電では通用しない物が多いと
思いませんか?業務用エアコンの電源ELBが漏電トリップした
メガで測定したら正常なぜ?そうモーターの絶縁は電源側から
では見れないのです。だからサービスマンはパネルを開けて中
の回路上で測定するわけです。
ここまでするならI0でなくても
メガで異状点検はできます。ですが貴方がそれをされた場合以後
の故障については全責任を負います。機器内部点検は取説で他
者が触れる事を禁止してるはず
、保安規定に従う絶縁測定で絶縁
不良回路があり原因が顧客機器であったら点検はきっぱりお断り
すべきです。テナントの方は何も考えず無料で点検してくれたら
有難い程度の意識しかなく何かあれば貴方が触ったのだから
責任を持って修理か弁償してほしいと必ずなります。

最後に自分が今日した事の報告書を作成します。1枚は
申し送りノートにもう1枚は会社管理部に提出します。
"漏電が解決しました"報告だけではダメです。
後で何か問題が発生した時は報告だけが自分の正当性を
示す物ですからこういう事こそ一番大切なのです。
スマホで撮影した写真をPCに入れて報告書を作れる程度
はできないと今の時代困るので特に中高年の方は練習さ
れておいてください。仕事しながら写真なんか撮ってら
れないというのが本音であってもそれは別にしてです。


コンセントや配線が悪く接続される機器負荷が軽い場合は
他回路に接続して絶縁不良回路を使わない事を希望され
る事もあります。(費用をかけたくないため)その時は故障
回路二次側の配線は必ず外しておいてください。テナント
財産ですから可能なら使わない選択肢もありです。

(テナント分電盤主幹引込以降の主開閉器からはテナント
が入居時に設置したテナント財産で原則ビル管理側には
修理義務はありません。
)

テナント内での測定作業注意点
1.測定器、工具、絶縁手袋の置き忘れをしない
2.室内を汚さない
3.分電盤内でのI0測定は活線作業ですから指が触れて
正常な回路を切らない、感電、短絡等には注意する。
4.テナント様に暴言や聞かれてない余計な助言はしない
5.費用が発生する事は即答しない(コンセント、SW取替
配線の補修程度で原因解決する程度は無償で行います)

Sponsored Link




とにかく単独1回路では通常1mA未満ですからこんな24mAなんて値
では停電させてメガをするまでもなく漏電しています。30mAのELB
なら15mA以上ですからトリップしますがMCBでは切れません。MCB
が漏電でトリップした時は≒0Ωで漏電した時ですから壊滅的に壊れ
てると思って間違いないです。下の様なケースでそれがテナントに
関する回路では必ず相手の許可を求めて電源を止めないと電気
主任だからと無断で電源を切り営業妨害をしたらオーナーに通報
され最低厳重注意ですから気をつけてください。必ず測定器が異
状値を示してるこの状態の写真を撮っておく事!


通常原因は床や壁にある物ですが稀に頭の上にある機器が原因
というケースもあります。照明器具ならばこんな感じで通電した状
態でI0を測定すると≒0mAが普通ですね。高周波点灯する器具
では1mA以上となる場合もありますが100mAの漏電が発生して
るならば程度を見れば3mAでもそこではないと判断できるでしょう。
どうしても確定させるなら電圧を入力してI0rモードで測定します。
安定器本体が絶縁不良で器具アースを通じて絶縁低下してるわ
けですから安定器を取替するかバイパス工事をしてLEDの直管
ランプにするかです。(私はすべてLEDランプに変更しています)
照明回路漏電はリモコンリレーやタンブラSWではほとんどない
はずで末端の器具のどれかです。焦げ臭いとある場合は照明
SWを切りとしても200V片切りでは安定器の給電は片線は止ま
らないので事情を言って照明回路電源を切った方がいいです。
(天井から煙でも出てきたら冗談では済まないですからね)

片切りSWの200V照明器具不良で今日以降に修理する場合は
必ず電源の送りをバイパスして電源から完全に切り離しておき
ます。これで他の残りの照明器具は使えます。ランプだけ撤去
して放置し夜中に火災とかなるとヤバイです。200V回路は両
切りが好ましいとあるだけで禁止事項ではないので結構この
方式はどこのビルでもあります。
普通の人は照明SWを切れば
安全と思われますが電気主任だけはこの事を危惧しましょう。

換気扇が原因という事例も過去ありました。カバーを外し中を掃除
する事はテナント所有ではほとんどないので酷いです。配線とか
中を清掃したら多少回復するかもしれませんがあまり期待は持て
ないです。上階が飲食で厨房からやFCUの配管が漏水したとか
水が入ってが原因ではまずダメでしょう。夏ではエアコンのドレン
配管をネズミが水がほしくて食いやぶり水が器具に落下という事
故も過去ありました。水害は電気機器にとって大敵です。

3個コンセントが接続された回路でどれかのコンセントが内部漏電
してるならばこう調査します。事務系の大人しいビルではまずない
と思うけど飲食関係ではどうしたらこんな焼損する様な事になるの
か疑いたくなります。お店は店長以外はバイトとかSPOTな人がほ
とんどなので荒い扱い方をされる方がいます。又は夜中に清掃
業者が壊したまま放置してるとかそんなのです。

漏電する様なコンセントはたいてい見た目で酷い事になってるので
そこを一式取替すれば治ります。ただ自分なりに調べ方も考えて
おく必要はあると思います。

このコンセント回路はこのコンセントの影響で0.007MΩしかないけど
MCB回路のため切れないのでテナントは平然と使用してるわけです。
毎月テナント分電盤主幹でI0測定をしてるのでそういう時には見つ
けられます。すべての事務所、店舗のコンセントの状態を常時把握
するのは実際不可能ですからテナントの方には異状があれば早急
に連絡する様にオーナーから通知はされてますがこういう状態に気
がつかずに使用されてるケースもあります。火を噴いたらいけませ
んから即取替を電気主任技術者の方でします。


今回の記事で知ってほしいのは絶縁測定を年1で、毎月
テナント盤主幹でI0測定までしていてもそこに接続され
テナント機器の急な故障までは知りえないという事です。
飲食のない事務系ビルでは漏電とか1年に1回あるかない
かという状況ですが飲食店がある業種では10年経過した
厨房機器はこうした故障が多いですね。上司やオーナー
はその辺がわからないので管理が悪いのでは?と言われ
かねませんがその辺をきちんと説明できる様にしましょう
漏電事故を事前に100%予想するのは不可能です
ですが毎月テナント主幹でI0測定をしてる事実があるだけ
でいつ漏電が発生しても電気主任として絶縁管理してる
事実を弁明できるのです。ただ点検して報告書があると
しても今の時代は数値で残さないと説得力はないです。

私は毎月テナントにあっては分電盤主幹でI0をテナント
立会いで測定して最後に相手の確認印をもらっています。

共用部の動力回路も最低月に1回は負荷電流とI0を測定
して前回との変化を確認して記録に残します。こういう乾燥
した場所にある空調機などで漏電が発生する事はまずない
逆に屋外設備や受水槽室などのモーターはI0値には注意
しましょう。I0値が急に増加した場合は営業時間外に絶縁
抵抗を測定しましょう、その時しばらく停止させ冷えた状態
で0.5MΩ、運転後過熱したら50MΩとか変化する兆候
を示す
物はそろそろ取替計画を立てた方がいいです。そういうのは
法定値0.2MΩの最低値以上あってもいつか急に絶縁低下
して漏電事故に至る可能性があるのです。通常乾燥した
場所のモーターは常時100MΩあって当たり前!

直接モーター単体でI0を測定すればたいてい1mA未満です。
複数のモーターが絡む主幹では各I0の総括となるので1mA
より大きくなるわけで★主幹I0管理は値を普段から測定して
正常値を知ります★法的には漏れ電流はケーブル最大配給
電流の1/2000ですが私は前者で管理しています。
絶縁不良にて漏電すればこの値が100mAとかなるので誰で
も異状はわかります。朝早く~遅くまで稼動してる機器では
夜中に絶縁測定するしかありませんがI0なら昼間稼動中で
も絶縁管理ができるのです。ただホームセンターで売ってる
1万円のクランプメーターではダメです。余談ですが下回路
で対地電圧200Vだから0.56mAで割れば絶縁抵抗値とは
なりません。なぜか?理解できる様になってくださいね。


刃物の扱いは少し得意です。

食べたつもりになって頂けたら幸いです。