私のお仕事で楽しい時

私が電気主任をしていて一番楽しいと感じるのは何かを考えて作成
する時ですね。電気主任を目指す電気が好きな貴方もそうでしょう
本当は押しボタンがあれば自己保持回路で組みたてますがあえてそれ
なしでもっとも簡単に直入れモーター運転停止回路を作成するとしたら?
私ならこうですね。様は照明ON/OFFに使うタンブラSWで励磁コイルに
電圧を入切りすればいいだけです。
又過負荷保護のTHR結線はタンブラSW配線の途中に挿入します。
モーター過負荷なんてまずないですから5.5KW位のモーターを臨時で
稼働させるだけなら15分もあればマグネット+タンブラSWで起動KIT
は簡単に誰でも作れます。(接続可能な電源MCBはある物とする)

運転ランプ、停止ランプを取付する一番簡単な方法はこうなります。
もう1台何かを連動で運転するならa接点が利用できます。
後このモーターが稼働中は違う何かを動かさないというならばb接点
を利用すればいいのです。(インターロック回路)
a接点が2個、b接点が2個構成ですがこういうのを2a2bのマグネット
といい一番自由度が高いと言えます。
マグネット稼動部が押込まれて...奥の補助接点がa接点で手前が
b接点になるのは構造を考えたらわかるはずです。
端子に配線する場合は2本までですから3本にならない様に
接続点を考えるのと配線がキンク状態にならない様に注意します。

どうしても3本接続が必要ならば2本を1本にすればいいのですが重ばる
からあまりこういうのはしたくないです。
端子に3本仮に入っても無理にネジを締めると受けの樹脂が割れるかも
しれませんので注意してくださいね。ビル設備の業者施工した配線を見
ても3本入れてる端子はありません。

電気主任技術者をする上でこうした物がまったく触れないのではお仕事
にならないので必ず習得しましょう。
テナントとかがこうしたい、現場機器で急に何かの機械を連動させたい
タイマー制御したいという必要性は運用上発生します。
ですが上の基本を理解されてるならたいていの事はできるはずです。
★職場、会社で貴方のスキルを認めてもらえるチャンスです★私から言
わせたら業者にさせるのはもったいないです。

部屋の照明の一部を部分的にタイマー制御がほとんどだけどばこれは
テナント店舗全体という依頼でした。
何でも節電対策を本社に報告しないといけないとの事で業者に相談
したら高い金額を見積もりされたらしく、私の方法なら部品代2万
円でできます。と返答したらぜひにとお願いされました。
これをテナントがどう使うつもりなのかは私には存知ません。
(多機能な照明制御ユニットを業者は提案されたのでしょうが店長
が求めてるのは一括での照明のON/OFFだけなのです
)

この程度はまだ私の能力範囲ですから閉店後の夜21:30から作業6/23
に行いました。
20AのMCBで6回路ありますこういう場合は1個のタイマーで6回路を
ON/OFFさせないとスマートじゃない
です。
テナント立会い作業で写真を撮る事ができなかったので基本構成の
タイマー+マグネット1個の場合、3回路制御の場合で説明します。
(KIT配線方式は過去何回か説明したので今回は省略します)
6回路ではこのマグネットを並列1個追加すればいいだけです。

今回は富士電機ではなく在庫にあった三菱のマグネットで行いました。
こういう時はマグネットの主接点に流せる電流が負荷より大きいの
を確認して適合する物
を使用します。今回は余裕ですね!
こういう物は製品の横にSPEC記載があるのでそれでわかります。
左右横にある補助接点は制御回路との絡みで使用する接点なので
主回路電流を通電したら焼けますから今回は使用できません。

Ith(開放熱電流)は32Aのマグネットです。
つまり三菱S-T25マグネットの主回路は32A連続8時間通電しても
温度上昇は規定の範囲内という性能です。
通常の電灯分電盤内で使用するのはまったく問題はありません!

部屋の照明SWはタンブラなのでそこは常時ONのままにしてその
片切りSWの開閉の代わりをマグネットの接点で行うのです。
例として回路1はこうだけど回路2と3も残りの主接点端子に同じ
様に接続すればこのKITで3回路の照明回路を時間制御できます。
タイマー電源はボルトフリーなんだけどマグネットの励磁コイルが
200Vなのでタイマー電源は今回は200V限定です。
マグネットは指定電圧の70%未満では動作せず100Vでは無理です。
(タイマー消費電力は僅かなのでどこかと二重にしてもいけます)
100V照明(2P1E)ならば必ず非接地側の黒線を入切させます。

最初に説明した様にこんな感じでマグネットの励磁コイルのとこで
並列接続して追加すれば6回路、これの消費電力は僅か10W程度
だから更に追加すれば12でも15回路でも一括制御できるのです。
このパナソニックのタイマーではこうした20A回路を直接制御できる
能力はないので1回路だけの場合でも必ずマグネットを併用されて
ください。照明負荷が5Aしかなくても20A回路を時間制御するのだ
から線路の最大配給電流を基準にすべきです。


タイマー本体に15Aと記載がありますがあれは抵抗負荷など突入電流
がない物を意味して、白熱電球、蛍光灯、LEDはすべて抵抗負荷とは
考えない
ので40Wの蛍光灯なら37本まで直接点灯できるなんて考え
てはいけません。各説明書参照の事。
いくら電験資格があってもこうした製品知識がないまま物を使用して
その長期使用で発火などが発生するとなぜ気がつけなかったのか?
なんて言われる事もあります。それは業者が施工したとしてもです。
電気保安規定に電気工事が適正に行われるのか内容の事前確認と
いう項目
が私の現場の電気保安規定にはあります。
保安規定すら知らないオーナーならいいけど勉強家の人ならそこを
指摘されたら電気主任技術者として返す言葉がないでしょう?

タイマー設定時間外で照明を点灯させるならばタイマーのモード
を自動⇒入にすればいいだけです。
トグルSWで行うならばタイマーのCOMとNO間に挿入すればできま
すが自動⇒入ならできると店長が言われるので今回はパス。

会社によってテナントにおいても節電対策をするケースがあるので
今回のケースに限らず節電相談は最近受ける事が増えました。
一般論ではなくて電気主任は各現場の状況に応じた提案をするべ
きですが費用が発生する場合、できる事は協力してあげています。
テナントとの信頼関係ってこういう事で生まれるのです。

もしリモコンリレーの照明回路と連動点灯させたい場合はこんな
感じですれば簡単にできます。
照明と連動させ機器に電源を配給させるとか部屋に不在時はコン
セント回路の電源を切るの要望を受けた時もこの方法で対応した
事があります。部屋の照明を点灯せずお仕事をする人はいません。
この方法で最低限、機器待機電力対策は撲滅できます。
費用はパーツ代の6千円程度のみ、テナントサービス作業です。
コンセント回路の電源を切るは私のアイデアですが節電対策とし
て数社テナントでお願いされました。
(三菱S-T25マグネット使用)

照明連動ではなく部屋のコンセント回路を時間により使用制限させるなら
ばどうすればいいかもうおわかりと思います。

3年前に間欠漏電の場所を特定するため業者から借りたモニターをある
盤にSETするのに100Vの電源が必要でした。
ただ偶然すべての回路がFULLで200V用の2P2Eが1個だけSP状態!
2P2Eって線間は200vでも対地電圧はこの様に100Vはご存知ですよね?

そこで当時こう配線を出してその先にコンセントを取付してモニター
機器の仮説電源としました。
ただELBで同じ事をしたら漏電と認識してトリップしますからこういう
2P2EのMCBだから可能な方法です。

左右の非接地側バーにドライバーの金属部が触れないのだけ注意
して真ん中バーのネジを緩めて丸端子で片線を接続します。
電流が流れていても表面のネジを緩める事で火花は出ないです。
実際100V回路で黒だけ1P1EのMCBで配線、白は素通しという
配線方式を違う現場で見た事があるので特別な事でもないです。

あくまで理屈での話だけど単相三線式回路において2P2EのMCB
でその二次側方線から1本分岐させ、単相三線式の中性線から
1本出せばその間で100Vが給電可能、つまり1個の2P2EのMCB
で200Vと100Vを給電できる。
過負荷保護、対地間短絡でも保護が動作しない配線はなく中性線
からの1本は変圧器B種接地と同電位だから対地間短絡は発生し
ません。ただ理屈での話でこんな配線をする意味はありませんが
これを読んで意味がわかる程度の認識は電気管理を現場でする
以上は必要と思います。

2P1EのMCBに単相200VをかけてはいけないのはN側で対地間
短絡が発生した場合に回路は切れず短絡してしまうからで結果
EPSのメインMCBがトリップしてフロアー停電になります。

事情でいつもと違う接続をした場合、異常がなければ使用できて
も線間短絡と対地間短絡の双方でも回路が自動で切れるかの
検証が必要です。
最初に記事にした照明工事の様な既存を改造する場合で貴方が
自ら行う作業では回路保護がきちんと動作するかも考えましょう。


特にテナント設備ですから焼損させたりしたらこちらの責任となり
ますから、だからって語るばかりで何もしない、できないの姿勢
ではいつか誰かに皮肉を言われるわけで自分を示し認めてもらう
にはリスクを背負う覚悟は必要と思います。信頼の代償はリスク
私もそうお仕事をしています。現場で作業してる人ってみんなそう
なんですよ。だから失敗しない様に行う必要があるのです。
電気主任を将来目指す貴方もいつかその覚悟を求めれます。
ビルで電気主任技術者になるとテナントにとっては貴方はビルの
電気屋さんで故障だけでなく電気の相談事を受ける事となります。
相手が求めてるのは電気の博学な説明ではなくて結果で創意工夫
というのは常に必要なんです。


⇒私のブログの最新記事へJAMP
ページ最後では"前の投稿"をクリックしたら過去記事が読めます。