電気主任技術者 心の思惑

来年初めに行う2500KVA特高変圧器、新設後の今後の運営方法
の打合せを技術部長、業者と行いました。
結論としては現状は真夏以外では負荷は2500KW未満のため夏以外
は新設の2500KVAの変圧器1台運転にて行う事で決定。
夏は既存1500KVA特高変圧器を1台のみ追加すれば十分です。
(気がついた方に補足すると採算が合わないのでコージェネは現在
非常用発電機としてしか使用していません)

待機電力防止ですから上の設備では一次側DSの開放が必要!
余分に並列運転しておけば1台が故障しても操作なくその瞬間は
運転継続できるけどJUST状態では誰かが一次側のDS投入から
変圧器を生かす操作を即機敏に行う必要があるのです。
業者を呼んでいては来館に最低1時間はかかり現実的じゃない!
私がいない時なら設備の皆さんという話だけど一部まったく電気
がわからない人もいるので3台運転でALLシーズンを私は望んでは
いました。
ただ無駄な待機電力が年間100万円を超える、新品追加なので
故障リスクは大きく低減という点での再検証でした。

これは特高変圧器の二次側=高圧受電盤の一次側になるDS
だけど変圧器一次側DSはこの部屋ではなく特高室にあります。
NO1とNO2特高変圧器を生かす手順は
まず一旦受電VCBを切る⇒変圧器上一次側DS手動投入⇒
受電VCB投入⇒特高変圧器充電⇒5分様子を見て異常なければ
⇒二次側DS手動投入⇒6600VCB操作SW投入⇒高圧変圧器充電
⇒送電開始!__なぜ受電を一旦切るのかわかりますか?

受電した状態で変圧器上一次側DSを手動で1本づつ投入したら
短絡するからNO3特高変圧器は一次側にVCBがあるのです。
(三相モーターに2線しか電圧をかけないと短絡するのと同じ

理屈で三相変圧器では2本目のDSを入れた瞬間にそうなる)
NO1とNO2特高変圧器には一次側にVCBがないので一旦受電
を切り変圧器上一次側DSを先に投入して受電する操作が必要。
(特高変圧器のDSは下の様に3極同時投入型ではない
仮にそうであってもDSで直に変圧器を充電すべきじゃない)

設計者はNO1とNO2特高変圧器は常用でNO3のみ必要に応じて
追加投入する考え
でしょうからある意味、この設備においては
NO1やNO2変圧器を途中で追加投入はイレギュラーな操作。
それを現場の電気主任が気がつけないで"電気は上から順番
に投入の原則"で投入していくとこの場合はヤバイです。
現場経験の浅い人なら思わずしてしまいそうですね?

元々長期休止中であったNO3変圧器を稼動再開して3台で運転
すれば緊急時も大丈夫という私の提案に従い50万円かけて耐圧
試験までしたのに2500kVAの変圧器導入をするなら最初から必要
なかった個人的な疑問がないわけではないのです。
待機電力は安心を買う保険として部長も納得されてもいました。
又既存の3台運転でもトータルで4500KVAまでは負荷対応できるし
総費用4000万円かけて今2500KVA変圧器は不要と思う。
父の話ではそれは部長さんの自分の実績作りでしょう?との
話でたぶん私もそう思う、でも保安規定上の保安統括管理者
である技術部長が決めた結論ですから私に異議はないです。

上の工事ではビルの24時間停電が必要となりますが通常の
年次点検も同時に行うので人員が不足するとの話です。
テナントでの絶縁測定の手伝いは無理なので今回はすべて
こちらでしてほしいという業者からの返答。
実は以前はここの設備の人達も絶縁測定をしていたのだけど
MCBの入れ忘れやミスが多いため業者にお願いしたのです。
毎月I0rで絶縁管理はしてるけどメガによる絶縁測定は
保安規定での遵守事項なので省略はできません。


その前にメガの操作を何回教えても普通にできない中高年の人
もいるので11月に受電VCBと蓄電池設備一式交換で全停電が
20時間発生するのでその時に地道に私が行うか毎月1フロアー
づつしようかと思っています。
教えてもできない人を作業に加えるのはミスと時間の浪費で
結局その人が起こした失敗まで電気主任が問われます。
だから私は電気作業は基本自分一人で行う事をまず考えそれが
無理なら人選して手伝いを設備の人にしてもらう様にしています。

昔22000Vに不用意に感電した人がいてそういう前例があるので
会社もこういう私のやり方でも何も文句は言われないのです。
部長から係長にわからない奴には電気は触るせるなと指示が出て
もいます。


今日昨日の申し送りを読んでいたらこんな記載がありました。
"○○店舗でMCBブレーカーが切れる故障あり、トースターの電源
で温度が上がる事で絶縁が下がりMCBが切れたので店長に説明して
取替指示を行いました。"という職場先輩の申し送り。
一般の人相手ならきっとそれで納得してくださるでしょうが
★電気を少しでも知ってる人ならおかしいと思いませんか?

温度が上昇すると絶縁体の抵抗が下がるのはわかるけどそれで
MCBが切れるわけないELBならわかりますが?
前に温度と抵抗の関係を勉強会で私が話した内容をそのまま
その人は言ったのでしょうが他条件が全く見えていません。
MCBが絶縁不良でトリップしたならそれは完全地絡で20Aを超える
漏電が発生したわけなので変圧器でLGR警報が必ず発生します。
今回はそれはないのでこれは機器の何かの不良で短絡が発生して
いるのです。
結果として機器交換指示は正しいけどその理由の説明は違う。
係長も誰もそれに気がつけないから訂正を言わないけどね。

こういう場合、その機器をコンセントから抜いてMCBを投入して
も切れないのだけは確認する
様には教えていて、その確認は
先輩はしてたのであえて上の件には触れませんでした。
コンセントや配線に異常があるなら機器なしでもMCBは切れます!
もし新品を購入されて原因が上だったら弁償してと相手から
言われるますからアドバイスも事実確認が必要なのです。

ちなみにもしこんな時にテナントから故障した家電等を分解して
修理できないかとか言われても絶対に受けてはなりません。
家電は取説にもある様にサービスマン以外は修理禁止でそれで
修理してそれが原因で発火など起こした場合はこちらにすべて
責任が発生してしまいます。

修理技術者認定資格を取得したとしても責任は発生するのです
から客の私物はすべて丁重にお断りするのが筋です。
電気主任はビルなら共用設備についてのみ管理するのが責務!

家電は普通に使用してれば5年は故障しませんからそうした故障
するのは古い機器でそういう物は修理するより取替すべきです。
相手は個人ではなく会社、店舗なのですからその程度のお金はたいした
問題ではありません。
電源コード程度なら修理してあげる事例はあると思いますが実は電気用品
取締法で電源コードを途中で接続修理をするのは禁止されています。
実は私も飲食店舗でねずみにかじられてを修理してあげた事があります。
それについては今も使用できてはいますが保安協会の方に質問したら
コード配線修理は禁止との事で今は私も丁重にお断りしています。
機器の電源コード、プラグも上でいうその家電の一部でもあります。
その点でも電源コードやプラグ修理はすべきでじゃない