電気主任技術者 ビル勤務

私の様にビルの電気主任技術者となる場合
もちろん電気主任として建物の電気設備を誰より理解し仲間に
指導してトラブル発生時は率先して行動を起こさないといけません。
こういう仕事をしていてBATな見方をするオーナーがTOPにいる
場合は尚更、神経質になるのも仕方ないと思う。
どんなオーナーかというと管理が悪いから故障すると設備
スタッフばかりに責任を負わせたがる人です。
(オーナーとはビル側の支店長をここでは意味します)

どんなに健康に注意していても病気や体調不良になる人間と同
じで15年を経過した様な機器はあらゆる不具合が急に発生する
可能性あるのです。
たとえば自動制御ならばどこの現場でも最低年2回は業者点検
してると思うけど彼らの点検とは動作確認が基本です。
各制御機器の中の回路を細かく点検してるわけではありません。
消防設備の点検でも基本そうで制御機器の中にある基盤や
リレーなどがいつ壊れるかなんて誰にもわかりません。
従い交換推奨時期になると交換提案書が出されてそれを
するかしないかはオーナーの判断です。

営業収益が悪いので壊れるまで使う!という考えのオーナー
の元で電気主任をされる場合はいろんな面で苦労があると思う。
電気主任としてより良い提案をしても費用がかかるからしない!
と言われたら何も現場は変わる事もありません。
そういう人に限って管理が悪いから故障すると責任の所在
を誰かに決めたがります。
利益と本社に対しての自分の立場だけでイザでは下請け会社
に責任の丸投げ報告をする事しか考えておられません。
こういうお仕事をしてるのでいくつかこういう話を存じてますが
こんな現場では電気主任の定着率が悪いというのは理解できます。

逆に私が今勤務してる現場の様に理由さえ正当なら金額に関係
なく修理や改善を行うオーナーの元での電気主任ならば人間関係
は別にしてお仕事はスムーズにいきます!
転職をされる場合は勤務予定のビルについて調べた方がいいと
思います。
儲かってないオーナー(会社)の現場での電気主任業務は意外と
大変らしいですよ。

電験三種を取得して電気主任技術者になる事を皆さん目指して
おられると思いますがなれたらどこでも良いわけではないでしょう?
できたら正社員で給料もたくさんほしい、仕事も順調にできる現場
で働きたいのは当然ですよね。
だから自分が勤務するビルオーナーしだいなんです。

ビル管理の場合はオーナーとその下請け会社という関係が多いと
思いますがこういうビル管理の世界の多くが儲かってるビルで勤務
してる人ほど給料が良いのです。

儲かってるのでオーナーは保守管理費の値下げ要求をしてこず
管理会社も予定の収益性が確保できるため、そこで働く人にも還元
してくれます。
逆に赤字か良くて儲け0の収益のビルオーナーは値下げ要求
ばかりで管理会社もギリギリの状態でお仕事を請けています。
当然そんな現場で働く人とは良い給料条件で最初から採用しません。
各ビル単位で利益を出すには人件費を削るしかないのです。
そんな条件でもやもうえず働くワーキングプアがいる事を会社
は知ってるからこんな差別的扱いをされます。

直接のオーナー会社の社員として又はそのオーナー会社
のグループ会社が管理するケース
とかで電気主任をする
のが一番働き易いし給料面もいいと思います。
確認できるならその会社に労働組合があるならMoreベター!
最近夏の賞与の倍率発表があったのですがこういうのも労働組合
があれば毎年会社と交渉して決めていきます。
ビルの電気主任になるならこういう雇用形態を探しましょう。
オーナーが都合の悪くなった管理会社を切る行為については
逆に貴方がオーナー会社の支店長ならきっとそうされませんか?

広島の某ビル管理会社の場合、年に2回も値下げ要求をされ
応じないなら来期はもう契約しないと圧力をかけられ管理会社
もそれに応じましたが減収したらコストカットが必要です。
結局電気主任選任を外して保安協会に外部委託されたそうです。
(確かにこれで年間200万円は削減できますから)
当然手当はカットで自分の立場もなくなりますからその人は
激怒して退職されたそうですが現場で働く人に罪はなくても
こういう事は会社の都合のみでこの業界は平気で起きます。
だからこそ働く現場を間違えると今将来のためにしてる努力
さえ先で無になってしまうのです。


電験三種+ビル管+実務経験5年この3点SETがあれば
すぐに転職できるしいきなり正社員になれる可能性大です。
(現実この条件を満たす方はそれほどいらっしゃいません)
実は同僚のAさんが今年ビル管を受けるのでアマゾンで代わりに
私が注文してあげたのが今日届きました。
私は2年前にこのビル管を福岡で受験して合格しました。
ビル管理において電験三種+ビル管は最強SETですからビル
電気主任技術者になった方は必ずビル管も取得しましょう。
(ビル管とは合格率20%でも電験三種より簡単ですがビルメン
4点セットより難しいので相応に勉強が必要、試験問題180問
)

今のビルは冷温水発生機、個別空調でボイラーやターボ冷凍機
が新規で採用される事はありません。

又病院、ホテルのボイラーは真空ボイラーなどボイラ技士の資格
が不要な物がほとんどです。
古いビルでは機械更新のタイミングでランニングコストが安く資格者
が不要な冷温水発生機や個別空調に必ず変更となります。
これは私が勤務してる現場にある500冷凍トンの冷温水発生機
ですが夏は冷水、冬は温水が作れ誰でも無資格で操作できるのです。
(これ1台でボイラーやターボ冷凍機は必要なくなります、高圧モーター
が不要となり契約電力も3割程度低減もできるのです)

ボイラーやターボ冷凍機の資格が不要となりビル運営に限れば
今からは電験三種+ビル管の資格さえあれば法的には満たす
現場がほとんどとなるので最強資格なのです。
当然設備部門のリーダーになる場合はこれらが必ず必要になります。
実際こういう業界はそういう人が各現場で一人正社員で責任者となり
後は契約社員やパートの低賃金で雇用される形態が多いのです。
★この2個の資格が取れない人にはビル管理というお仕事には
未来がない★目指す方は必ず勝ち組にならないといけません。
電験三種+ビル管+実務経験5年があれば一生食べるのには
困る事はなくそれを目指し今働いてる方も頑張りましょう。

この2資格さえあるなら今日という1日も出勤するだけで
認められる実務経験として加算されていくのです

資格なし勤務では他業種と同じで会社は同じ働いても経験と
して真剣には認めてはくれないのはご存知の通りです。
そんな方は今のままでは現状から永久に抜け出せません!