電気主任技術者 特高現場勤務

結論を先に言えば特高現場と言っても最初に特高から6600Vに
変換する変圧器があるだけの事で運用の注意点は高圧変圧器
と大差なんてありません。

又契約電力が1万KWまでは22000V受電なので電験三種があれば
地方都市ではまず困る事はありません。
(電験三種でも受電電圧が5万V未満までいけます。)
私は電験二種を所持してますが今の会社に求人エントリーした時
は電験三種しかありませんでした。

同じ応募者には電験1種を持った方もいたそうだけど働き方に
問題があるという事で書類選考で落とされたそうです。
ですから上位の電験資格があるからだけで就職は決まりません。
ではどうしたら特高職場に就職できるか?と言えば別な意味で
難しい面があるんです。
そう求人数が少なく、そこそこ条件が良いのでかなりできる方も
応募に来られるので勝ち組にならないといけません!
やはり同じ特高現場で働いた実務経験があるのは有利です。
でも人が人を決めるのですからどうしても貴方を雇用したい
と面接官に思わせるスピーチができるなら可能性は0ではない
とは思います。
文書にいくら上手に書いていても自らの口で語る言葉にこそ
信頼を人は感じるからです。


ビル管理会社の社員が電気主任を行う場合又は保安協会
が行う場合も含めてこれを外部委託といいます。
外部委託は7000V以下の受電設備、つまり高圧受電現場のみ
逆に特高受電現場はオーナー会社社員として採用される
ので給料やいろんな点で条件が良い場合が多いのです。

私の場合はオーナー会社のグループ会社でまず雇用されその
オーナー会社に出向社員として働いています。
オーナー会社の人からも同じ仲間として扱っていただき必要な
主張もできるので電気主任としても活動し易いです。

ただこういう勤務体系も稀なのでそういう現場に偶然に出会える
かはその人の運でしょうね。
人間何でもできる努力をしたなら最後は持って生まれたその
人の運しかないと思います。

必ず成功する保障はないけどできる努力をしないとその運を
試すチャンスも来ません。
保障ないから何もしないというのも理解はするけどそういう悲観的
な考えの方が今の時代は多いから逆に私の様な人間にとっては
好機と言える時代です。

資格合格は基準点を取れば誰もが得られるけどその先で更に
それを生かし成功できるかは勝ち組になれた人だけです。
貴方が必ず勝ち組になれるのを祈っています。
辛いけど人間社会は子供の頃から他人と比較され全員が同じ様
にはなれません、とにかく自分だけ勝つ事です!

⇒私のブログの最新記事へJAMP